コンセプト

家族のお気に入りの一着。それは、みんなの住まい。

日本には変化にとんだ四季があり、その気候に合わせて我々は服を選びます。ですが日本の北と南では気候が異なるので、身に着ける衣服も地域により違いがあります。保温性・通気性・吸水性・肌触りなど、暮らしている地方に適した服を自然と選んでいるのです。

「住まい」の機能性については、衣服と同じような事がいえます。家には厳しい外部環境から身を守るという 役割もありますが、間取り・採光・風通し・ 断熱性・吸放湿性など、土地の気候風土に適したものであるかが重要なのです。

物理的に土地の自然と調和し、機能的に家族とつながり、心地よい美しさをもった建築は、時代を越えて大切にされていくでしょう。そんな「お気に入りの一着のような住まい」をご提案していきたいと考えています。

4つの視点から「健康的で楽しい住まい」をご提案する設計事務所です。

「四季」と住まい

日本人は四季の移り変わりを楽しんできました。現代人の生活はとてもあ
わただしく、精神的ストレスを積み重ねながら、毎日が同じように過ぎて
ゆく…そんな時代だからこそ、ちょっとしたところにも「花鳥風月」を感
じることのできる「癒しの住まい」としたいものですね。

「暮らし」と住まい

人間はひとりで生きていけません。人が集まり「社会」が構成されますが、その最小単位が「家族」。その家族の送る日々が「暮らし」であり、それを包み込むステージが「住まい」。家族どうしの団欒が自然と生まれる「ふれあい空間」づくりてで、家族はみんな元気スマイル!

「風景」と住まい

世界にはいろんな美しい町並みがあります。その土地独特の気候風土を考慮し、その土地の材料で建てた家だからこそ、美しい町並みは必然的に残りました。
「自然と調和した建物」であると同時に、「暮らしやすい家」であれば、その家は「土地の風景」となっていくことでしょう。

「健康」と住まい

新建材に含まれる化学物質により、さまざまな症状を訴える方が増えています。現在でも安価な資材で建てた家による健康被害は後を絶ちません。
身近にある材料(自然素材)で家を建てるという基本に立ち返ることこそ
「ストレスフリーな住まい」を実現するカギだと思います。

デザインコンセプトの図解